/

この記事は会員限定です

日医工の品質不正、供給混乱が長期化 最大手の責任重く

[有料会員限定]

日医工が12日に発表した2021年4~9月期の連結決算は、最終損益(国際会計基準)が145億円の赤字(前年同期は1億4600万円の黒字)だった。不適切な手順での生産が発覚して3月に業務停止命令を受けて以来、生産再開が遅れている品目が多いため。後発薬の最大手(21年3月期時点)である同社の不正が医薬品流通にもたらした混乱は大きく、期間も長引いている。

「数量ベースで5%前後の商品の納入が遅れている」。北陸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン