/

この記事は会員限定です

島根・石州和紙で靴やかご 岡山・備前焼で卒業制作

データで読む地域再生 中国・四国

[有料会員限定]

中国・四国地域の伝統工芸士が未来につなげていこうと奮闘している。中四国の伝統工芸士は2月時点で165人と5年前に比べて2割減り厳しい状況だが、業界団体などは新商品の開発などで需要喚起を狙う。自治体は販路拡大や新商品の開発を後押しし、地域の歴史・文化の象徴でもある伝統工芸を支える。

島根県西部の石見地方で約1300年の歴史がある石州和紙。明治時代に6000以上あったとされる製造業者は、戦後の洋紙の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン