/

防風柵応用の和柄フェンス 金沢の日本パーツセンター

柵やフェンスを手がける日本パーツセンター(金沢市)は和柄のフェンスを商品化した。古くから織物や陶磁器で親しまれている麻の葉や七宝、青海波など8種類あり、受注生産する。折り曲げた鉄板に穴があり、風雪の勢いを軽減する「有孔折板」を応用したもので、住宅や事務所などの需要を見込む。

防風柵などに使う有孔折板は丸や楕円の穴が空いており、横から見ると山が並んだ形をしている。和柄フェンスの場合、山の頂にあたる部分を広げることで、和柄の模様を見えやすくした。

色は白、ブラウン、黒などのほか、重厚感や高級感を出すためハンマーでたたいたような模様のものなどを用意した。高さ1.2メートルのフェンスの場合、1メートルあたりの価格は2万9100円から(工事費や運搬費、消費税別)。

同社の社員が富山県の井波彫刻の欄間にヒントを得て、フェンスに和柄を応用することを発案し、製品化につながった。有孔折板は本来、強風などに耐える機能性が重要なことから、設計担当者は「和柄については意匠性と機能性を両立させるのに苦労した」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません