/

岩手県が感染対策徹底へ警戒宣言 デルタ型か、変異検出

「岩手警戒宣言」として、県民に感染対策の再徹底を呼びかける達増拓也知事(9日、岩手県庁)

岩手県は9日、県内の新型コロナウイルス感染者から、感染力の強いインド型(デルタ型)の可能性がある「L452R」の変異を持つウイルスを検出したことを明らかにするとともに、「岩手警戒宣言」を出した。

夏休みシーズンを前にワクチン接種後のマスク着用など基本的な感染対策の再徹底を県民らに呼びかけ、変異型による感染拡大防止を目指す。

警戒宣言では「基本的な感染対策の再徹底」として、ワクチン接種後のマスク着用やマスクをする際に鼻を出さないといった適切な方法での着用を要請。県民や来県者向けに密接・密集・密閉の「3密」のうち1つでも当てはまる場合の会合の回避や会食時でも会話する場合はマスクを着用することなどを呼びかけた。

また、緊急事態宣言区域の東京都と沖縄県や、まん延防止等重点措置区域の埼玉県や千葉県など4府県との間の不要不急の往来についても自粛を要請。そのうえで今後さらに感染拡大が続いた場合に発令する県独自の緊急事態宣言の対策例として、不要不急の外出自粛や「いわてGo To Eatキャンペーン」の停止、飲食店への時短営業要請などを挙げた。

岩手警戒宣言は同日の新型コロナに関する県の対策会議で発表。達増拓也知事は「今後、4連休や夏休みを迎え、人流の増加も想定されるなど県内での感染拡大が懸念される。警戒宣言を出して県民一丸となって感染対策の一層の徹底に取り組みたい」と協力を呼びかけた。

県によると、L452Rの変異は5月3日~7月6日の公表分の検体28件のうち4件から検出。12日以降に県環境保健研究センターでウイルスのゲノム解析を実施してデルタ型がどうか確認するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン