/

この記事は会員限定です

だし製造のフタバ、野菜と魚を同時に育てる自社農園

[有料会員限定]

だし製造などのフタバ(新潟県三条市)は農業事業を本格展開する。野菜と魚を同時に育てる農法「アクアポニックス」を活用した農園を建設し、レタス栽培などから始める。9月に開業予定の飲食店や自社製品への活用を目指す。後継者問題など農業の課題解決にも貢献したい考えだ。

アクアポニックスは水産養殖と水耕栽培を合わせた造語で、野菜と魚を並行して育てる。水中のバクテリアが魚の排せつ物を分解し、野菜が栄養源として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン