/

この記事は会員限定です

ホクト、新部署てこにキノコの加工品拡大へ

信越企業 攻めの一手

[有料会員限定]

キノコ生産大手のホクトは、レトルトカレーなどキノコを使った加工品事業を強化する。一般消費者向けに商品開発を担う新たな部署を設置。ニーズに合った商品のラインアップを増やすなどして、新規顧客の開拓につなげる。主力のキノコ事業は長期的に国内市場の縮小が見込まれるなか、加工品の拡充で収益源の多角化をめざす。

ホクトは消費者向けの加工品として現在、カレーのほか、炊き込みご飯のもとや青汁など5種を販売している。新商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン