/

この記事は会員限定です

中部横断道が変える静岡 清水港、生鮮品の輸出拠点に

しずおか現在・過去・未来

[有料会員限定]

静岡県と山梨県をつなぐ中部横断自動車道が8月末に全線開通し、ヒト、モノ、カネの動きが変わり始めた。東名や新東名高速道路、中央自動車道など東西の移動に偏っていた交通インフラに南北を貫く高速道路が加わり、県境を越えた新たな経済圏創出への期待が高まっている。

静岡市内の清水港から西に車で約20分の場所にある静岡市中央卸売市場の一画。国と静岡県、民間が一体となり清水港を生鮮野菜・果実の輸出拠点にする構想が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1574文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン