/

富山駅前「マリエとやま」改装 ホビー・レジャー充実

JR西日本系の富山ターミナルビル(富山市)は9日、富山駅前にある商業施設「マリエとやま」の改装計画の概要を発表した。ホビーやレジャーを中心とした施設にするのが柱で、7月以降に順次、オープンさせる。近くに衣食住をコンセプトにした商業施設「MAROOT(マルート)」を3月に開業したため、店舗構成を見直すことにした。

店舗数は従来の75から40に集約し、大きめの店を増やす。4階にはクレーンゲームを中心としたアミューズメント施設が入るほか、登山などレジャー関連のテナントが入る。5階は中古書籍販売の「ブックオフ」とトレーディングカードやフィギュア販売などの店舗が入る。

1階はフードホールに改装する。ハンバーガーチェーン「バーガーキング」が入る。10月ごろのオープンを予定し、富山では初出店という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン