/

神奈川県知事「リニア用地取得、工期に影響ない」

神奈川県の黒岩祐治知事は9日、静岡県の川勝平太知事がリニア中央新幹線の神奈川県内の工事について車両基地の用地買収が滞っており、開業時期に影響を及ぼすと発言したことに対して否定するコメントを出した。「これまで約5割に当たる地権者から土地をお譲りいただいた。全体のスケジュールに影響を及ぼすことがないと考えている」と指摘した。

リニア中央新幹線を巡っては7日に川勝知事が神奈川工区を視察し、8日の記者会見では東京―名古屋間の2027年開業の遅れの原因になると発言していた。

神奈川県は車両基地の用地取得をJR東海から受託している。車両基地については用地の取得ができた場所から工事を進めるといい、黒岩知事は10月のリニア県内駅の工事現場視察時に車両基地の状況も確認するとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン