/

この記事は会員限定です

処理水の海洋放出、福島で不安の声広がる

[有料会員限定]

政府が東京電力福島第1原子力発電所の敷地内にたまる処理水を海洋放出する方針を固めたことについて、福島県内では不安の声が広がっている。漁業や沿岸部の観光への打撃を懸念するほか、安全性に関する政府の情報発信の強化を求める声もあった。

「放出していいとは口が裂けても言えない。放出で万が一問題が起きたら、責任を負わされるのは我々だ」。福島県機船底曳網漁業組合連合会の高橋通会長は9日、語気を強めた。「学者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン