/

徳島県鳴門市、行政事務改革へ 四国2社と連携協定

徳島県鳴門市は行政事務の改革を目的に、四国の民間2社と連携協定を結んだ。デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する民間のノウハウを活用し、業務の効率化や市民サービスの向上を目指す。契約は2024年3月までの2年間。

市が連携するのは、自治体向けのDX支援を手がけるガバメイツ(松山市)と、四国電力グループの情報通信会社STNet(高松市)の2社。市役所の業務プロセスの「見える化」を通じた課題の抽出や分析、行政手続きのオンライン化、全国のDX先進事例の収集などに取り組む。

鳴門市は24年春に市役所の新庁舎を稼働させる計画だ。移行期の2年間を行政事務の抜本的な見直しにあてる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン