/

富山県、発熱患者に検査キット配布 コロナ警報を延長

富山県は9日、発熱などの症状がある人を対象に、新型コロナウイルスの抗原検査キットの配布を週内にも始めると発表した。18歳以上40歳未満で基礎疾患がなく、原則として医療機関を受診せずに自宅療養できる人が対象。お盆前後の医療体制の逼迫に備える。県の感染拡大警報「富山アラート」は期間を23日まで延長する。

1日の配送上限は200件で、電子申請から翌日午前を目安に宅配便などで届ける。陽性の場合はネット上に設けた富山県の登録窓口に報告してもらう。登録窓口が陽性者の発生届を県厚生センターと富山市保健所に出す。

7月27日に出した富山アラートは、当初8月9日までの予定だったが、感染者数が高止まりで入院者数も増えているため延長を決めた。行動制限などは求めない。帰省に伴う感染者増加を防ぐため、富山空港で11~16日に臨時の無料検査所を設ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン