/

この記事は会員限定です

首都圏でシェアキッチン続々 起業や地域づくりに一役

ハッシュタグ

[有料会員限定]

複数の飲食事業者が同じ店を共同利用する「シェアキッチン」が首都圏で広がっている。出店の初期費用を抑えたい起業家や、新型コロナウイルスの影響で新業態を試そうという飲食事業者の利用が目立つ。空き店舗を活用するなど地域のにぎわいを復活させるための試みもあり、多彩な活用方法に注目が集まっている。

「好きな具材のおにぎりを選んでカレーか味噌汁とセットにできますよ」。6月上旬、ハッピーロード大山商店街(東京・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン