/

この記事は会員限定です

富山にウイスキー瓶詰め専門業者 原酒買い蒸留所支援

[有料会員限定]

2020年の輸出量が日本酒を抜き、国内外で注目が高まる国産ウイスキー。蒸留所の新設も相次ぐが、商品ができるまで時間がかかり、運転資金の確保が課題だ。未熟成の原酒を買い取って蒸留所の経営を支え、後に瓶詰めして販売する「ボトラーズ事業」が富山県で始動する。国内初の試みで、ウイスキーの多様化を支えそうだ。

「最低でも3年、長いと10~20年熟成させないといけない。新設の蒸留所はキャッシュが手元にないと厳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン