/

この記事は会員限定です

学校の水泳授業、校外施設で 熱中症対策や教員負担減

[有料会員限定]

首都圏で小中学校の水泳授業を校内ではなく、外部の屋内プールで行う動きが広がっている。東京都の多摩、日野、清瀬市が2021年度から開始、実施校を拡大する動きも相次ぐ。老朽化したプールの全面改修よりコストを減らすだけでなく、児童・生徒の熱中症を防ぎ、プールの管理などに追われる教員の負担を減らす狙いもある。

多摩市は3小学校のプールの授業を、市立温水プールのアクアブルー多摩や民間施設2カ所で行う。日野市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン