/

「うんこ動物」ふれあって、カヤックなどが開発

それはうんこか、動物か――。ゲーム配信などを手掛けるカヤック(神奈川県鎌倉市)と、イベント企画のたのしいミュージアム(東京・渋谷)はうんこ型ロボットの「うんこ動物」を開発した。東京・お台場にある「うんこミュージアムTOKYO」内で展示し、集客につなげるほか、将来はグッズ展開なども検討している。

うんこ動物はロボット開発のユカイ工学(東京・新宿)と制作した。3段の体にしっぽが生えており、さわるとふるえたり、しっぽを動かすなどの反応がかえってくる。2019年に子どもや若者などに人気を集めたうんこミュージアムの新コンテンツとして16日から12種類のうんこ動物を展示し、ふれあい体験ができるエリアを設ける予定だ。

うんこミュージアムはもともとアカツキライブエンターテインメント(東京・品川)が運営していたが、担当プロデューサーが独立して設立したたのしいミュージアムが22年3月から運営している。今後、同社は全国で「出張ふれあいうんこ動物園」などのイベントを開くとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン