/

この記事は会員限定です

コロナ禍が生んだコメのジン 岩手県二戸市の南部美人

酒紀行

[有料会員限定]

岩手県北部の山あいにある南部美人(二戸市)。1902年創業の老舗酒蔵が造るクラフトジンが「和食に合う」と国内外の日本料理店から引き合いが増えている。飲んだ後味にコメのうまみが残って相性が良いという。そんな一風変わったジンは、外食需要を直撃した新型コロナウイルス禍をきっかけに生まれた。

「南部美人クラフトジン」は日本酒を醸造した後に蒸留して造るのが特徴で、200ミリリットル入りと700ミリリットル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン