/

この記事は会員限定です

回転ずしや温浴スポット 首都圏で広がる公民連携

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

公共施設などを活性化させるため、民間の企画力や提案を生かす動きが首都圏で広がっている。好立地にまとまった土地があっても、行政だけでは十分な集客を望めない場合もあり、初期投資を抑えて好条件の場所に進出したい民間と思惑が合致しやすい。官民が連携して公共サービスを提供するPPP(官民パートナーシップ)の手法にも広がりが出ている。

東京都調布市に4月開業した大和リースの商業施設「ブランチ調布」。敷地面積...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン