/

静岡県、新型コロナBA.5対策強化地域に指定 31日まで

静岡県は9日、政府が新設した新型コロナウイルスの派生型対策を強化する「BA.5対策強化地域」に指定されたと発表した。対策は病床使用率の高まりを受け7月下旬、独自に発令した「医療ひっ迫警報」を継続する。川勝平太知事は記者会見で「派生型は感染力が強く、不要不急の外出を控えてほしい」と県民に強く呼びかけた。

「BA.5対策強化地域」の指定期間は8月末まで。足元では病床使用率が8割を超える水準が続いており、川勝知事は「満床と同等レベルで通常医療に影響が出ている」と強調。行動制限などは従来と同様行わないが、病床を確保するために入院基準を中等症以上に設定した。

また県は11日から9月末までの間、子どもの感染者について保護者向けの電話相談窓口の開設時間を24時間に広げる。保護者の不安や小児科医の負担軽減につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン