/

この記事は会員限定です

東北3県で転入超過 子育て支援や在宅勤務環境が充実

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

東北の自治体が子育て環境やテレワーク可能な施設の整備で移住促進につなげている。総務省の住民基本台帳人口移動報告によると、2021年は山形、秋田、岩手の3県で30~40歳代の転入者数が転出者数を上回る「転入超過」となった。移住先として選ばれるため、充実した住環境の認知度を高める工夫も重要となる。

21年の30~40歳代の転入超過数を人口で割って算出したところ、6県とも新型コロナウイルス禍前の19年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン