/

この記事は会員限定です

山形スタートアップの空中浮遊映像、コロナ禍で注目

[有料会員限定]

光学設計や超微細加工のスタートアップ、IMUZAK(イムザック、山形市)の独自技術が新型コロナウイルス禍で注目を浴びている。高性能レンズを使った空中浮遊映像はモノに触らず操作できる技術。2月末の欧州の展示会では人工知能(AI)スピーカーと組み合わせた浮遊映像システムをPRする。

「思った以上に浮いている!」。空中に浮かび上がったトイレの洗浄ボタンの映像を見た人は、みな驚きの声を上げるという。これ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン