/

この記事は会員限定です

地方移住伸び悩む、東京脱出は首都圏内が大勢 住基人口

[有料会員限定]

総務省が9日発表した2022年1月1日現在の住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査で、地方移住の伸び悩みが明らかになった。国内外間の転入数から転出数を引いた「社会増減」で日本人が社会増となったのは11都府県と21年の12都道府県より1つ減った。社会増の規模で21年に1位だった東京都は4位に下がったが、抜いたのは神奈川県と埼玉県、千葉県。東京を脱出した人の多くは首都圏の3県内にとどまって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

移住

東京など首都圏から他の地域へ、また都市部からより郊外、農村部へと移り住む人が増加しています。移住した人たちの体験談や考え、また移住者を呼び込もうとする各地域の戦略や施策をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン