/

この記事は会員限定です

益子のモノ・人と出会う広場に ディーアゴラ・水野代表

人物ファイル

[有料会員限定]

陶器のまち・栃木県益子町では作品に触れて、その作家と会えるのが魅力だ。新型コロナウイルス禍でリアルでの出会いが難しくなる中、新たな商機を生み出したのがデジタルマーケティング支援のdAgora(ディーアゴラ、同町)の水野大人代表だ。

同町の一大イベントの陶器市は2020年春、50年余りの歴史で初めて中止に追い込まれた。「陶器市を心待ちにしていたお客さんがいる」。販売店や作家と一致団結し、水野氏はわず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン