/

この記事は会員限定です

JX金属、創業地日立市と絆深く 鉱山から先端素材へ

[有料会員限定]

銅生産で国内最大手のJX金属が茨城県日立市で2工場を建設する。製造業の海外シフトが進む中、創業地を先端素材の製造拠点と位置づけて絆を深める。同社のルーツは1世紀以上前に生まれた日立鉱山。地域の課題と向き合い、川上から川下へと事業を広げてきた歴史に目を向けたい。

「ものづくりの町の背中を押してくれる力強さを感じる」。JX金属が新工場建設を発表した8日、日立市の小川春樹市長は明るい表情で話した。村山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン