/

この記事は会員限定です

有識者に聞く熱海復興の道 長期滞在や災害備え検討を

熱海土石流1年

[有料会員限定]
新型コロナウイルスの感染拡大に加え、土石流に襲われた熱海市。災害から1年で、客足は戻り始めたが市内にはなお爪痕が残る。同市はDMO(観光地経営組織)の設立を進めるが、「アフターコロナ」に向けて必要な施策は何か。有識者2人に復興の展望や課題を聞いた。

熱海温泉ホテル旅館協同組合・森田金清理事長「長期滞在カギに」

――現在の復興はどれほど進んだとみますか。

「観光業という面では3~4カ月で徐々に客足も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン