/

この記事は会員限定です

鳥取砂丘らっきょう 不毛の地が生んだ宝石

ふるさと納税 わがまちの逸品

[有料会員限定]

鳥取砂丘の東隣に位置する鳥取市福部町にはらっきょう畑が広がる。江戸時代に伝わったとされ、大正時代に本格生産が始まった。保水力や栄養分の乏しい土地は、かつては不毛の地と呼ばれた。それでも長年の努力で白さやシャキシャキした食感の優れた品種を生み出した。「鳥取砂丘らっきょう」は鳥取市の代表的なふるさと納税の返礼品の一つとなっている。

「いろいろ作ってきたなかで、採算が取れるのがらっきょうだった」。同町...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り690文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません