/

この記事は会員限定です

栃木県、自動運転バス実用にアクセル レベル3で実験

[有料会員限定]

栃木県が自動運転バスの実用化に向けアクセルを踏んでいる。2025年度ごろの本格運行に向けたプロジェクトを進め、6日まで自動運転システム主体の運行実験を壬生町で初めて実施した。今後2年間でさらに県内7カ所で実験する計画。県は市街地や観光地なども含め、さまざまな場所で需要を確かめるほか、さらに自動化のレベルも上げて実装を目指す。

6日までの実験は、壬生町にある「とちぎわんぱく公園」を中心に全長約2....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン