/

この記事は会員限定です

「ひとつの集落」つながる地域 企業と共存共栄探る

鳥取・隼ラボの実験㊦

[有料会員限定]

「せーの、さんはいっ。いち、に、さん、しっ」

隼Lab.(ラボ)の体育館では、毎週火曜の昼過ぎに地域の高齢者30~40人が集まり、健康体操をする。「ひとりで暮らしているので皆さんに会えるのが楽しみ」。毎週来るという中村道子(89)さんの額は汗ばんで健康そうだ。

「(新型コロナウイルス予防の)ワクチンの申し込み方がわからない方はいますか」。民生委員が声をかける。健康相談や交流会、レクリエーションなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン