/

この記事は会員限定です

静岡銀行、「店舗内店舗」で支店再編 新規出店にも活用

[有料会員限定]

静岡銀行が「店舗内店舗方式」と呼ぶ支店の形態を活用して拠点再編を進めている。来店客が減った支店を、最寄りの支店がある店舗に実質的に統合するケースが多い。営業人員を集約してノウハウの共有を進め、多様化する顧客ニーズに対応する狙いがある。成長が見込まれる地域では、店舗内店舗を新規出店に生かす事例も出てきた。

9月22日、静岡銀は神奈川県秦野市に「秦野支店」を新設した。これで同行の神奈川県内の店舗は19カ所とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン