/

ジュンク堂、松山店を移転 22年3月に松山三越内へ

大日本印刷(DNP)グループの丸善ジュンク堂書店(東京・中央)は、松山市内の店舗を松山三越(松山市)の5階に移転する。現在の店舗を2022年2月27日に閉店し、同年3月3日に「ジュンク堂書店 松山三越店」として新たにオープンする。

新店舗の売り場面積は約1100平方メートルで、現状の約1700平方メートルからは縮小されるが、蔵書数は現在と大きく変わらず約35万冊を扱う。これまで6階フロアの店舗で営業していたが、1つのフロアに集約して効率化を図り、来店客の利便性を訴求する。文具売り場を約165平方メートルに拡張して幼児向けの知育玩具の取り扱いも始め、百貨店を訪れた子供連れの若い世代などの利用も取り込む。

現在の店舗は09年に紀伊国屋書店が閉店した跡地に四国初の店舗としてオープンした。専門書を扱うなどの特徴を打ち出し、市内中心部の大型書店として街のにぎわいの中心になっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン