/

この記事は会員限定です

千葉商科大など9大学、学内電力「再生エネ100%」めざす

交流組織「自然エネルギー大学リーグ」発足

[有料会員限定]

大学内で消費する電力をすべて再生可能エネルギーに切り替えることを目指し、千葉商科大学(千葉県市川市)など9大学が交流組織「自然エネルギー大学リーグ」を発足した。他の大学にも広く参加を求め、脱炭素化社会を推進する。

所有地での太陽光発電などにより2019年に完全再エネ化を実現した千葉商科大の原科幸彦学長が呼びかけ、首都圏の国際基督教大、和洋女子大、聖心女子大、東京外国語大、上智大、東京医科歯科大や長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン