/

この記事は会員限定です

仙台の飲食店、長引く時短で体力消耗 休廃業増の懸念 

[有料会員限定]

仙台市が緊急事態宣言に準じた措置を取る「まん延防止等重点措置」の適用を受けて1週間が過ぎた。飲食店への午後8時までの営業時間短縮要請は、今のところ人出を抑える効果が出ている。だが1年を超える新型コロナウイルス禍で飲食店の体力は消耗しており、休廃業が増える懸念が高まっている。

宮城県によると、重点措置が適用されて初の週末を含む、繁華街の国分町エリアの3~9日の午後8時から同10時までの人出は前年の同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン