/

「まん延防止」要請に基準値 神奈川県、感染者200人

神奈川県の黒岩祐治知事は8日、東京都が新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請したことを受け、同県では現時点での要請を見送り、新たに要請の基準値を設定したことを明らかにした。1日あたりの新規感染者数が200人程度に達した場合、速やかに要請を判断するという。

神奈川県の黒岩知事は現時点での要請を見送り、基準値を設定したことを表明した(8日、県庁)

同日午後、県庁内で記者団の質問に応じた。黒岩知事は、県内の状況について「この段階でいきなりお願いする状態にはない」と現時点での要請は見送る方針を示した。一方、感染者は急激に増えかねないとして「なるべく早く兆候を見て、早めに対策をとりたい」と強調。感染状況の「ステージ3」に相当する数値などを参考に200人程度との基準を定めた。

一方で、要請した場合は発生状況に応じて市町村単位を対象とすることも検討。あわせて、飲食の場で感染が拡大しやすいことを踏まえ、食事の場でもマスクを着用する「マスク飲食」の徹底に向けた新たな対策を講じる考えも示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン