/

この記事は会員限定です

埼玉・川越市の観光地、食べ歩き問題解決へ商店街が力

[有料会員限定]

埼玉県を代表する観光地となった川越市で、新型コロナウイルス禍に加え、もう一つ大きな悩みが浮上している。若者を中心にスイーツなどの食べ歩きがブームとなり、ごみやマナーの問題に商店主らが頭を抱えている。解決に向けた動きには、行政頼みではなくまず商店が結束して立ち上がる川越らしさも浮かぶ。

食べ歩き客が多いのは、昔ながらの建造物が多く残る蔵造りの町並み周辺。団子やアイスクリーム、サツマイモチップスをディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン