/

レジャー施設共通のサブスク入場パス 東京タワーなど

レジャー施設向け企画提案を手がけるオリグレスパークス(東京・品川)は8日、国内レジャー施設の入場に共通で使えるサブスクリプション(定額課金)パス「レジャパス!」の販売を月内に始めると発表した。月額1980円(税別、平日プラン)からで、東京タワーやサンシャイン水族館など都内外の約80の加盟施設で利用できる。

パス利用者は専用アプリに表示されるQRコードを施設で見せれば入場できる。何度でも使えるが同一施設は月1回まで。入場以外に料金がかかる場合は別途負担する。利用しなかった月は家族などの入場に使えるコインをもらえる。

加盟施設はほかに横浜ランドマークタワー展望フロア(横浜市)や那須どうぶつ王国(栃木県那須町)、湯郷三島温泉(静岡県三島市)などがある。同社は加盟施設を順次増やす方針で、2022年末で300施設を目指している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン