/

運送保険で食品ロス削減、相模原市と三井住友海上

三井住友海上などと食品ロス削減の取り組みを始める(8日、相模原市)

相模原市は三井住友海上火災保険と運送保険の特約を利用した食品ロス削減の取り組みを始める。食品運送業者が事故を起こし、包装などが破損した食品を公益社団法人フードバンクかながわ(横浜市)を通じて相模原市内や神奈川県内の生活困窮者に配布する。3者は8日に連携協定を締結した。

まず相模原市に事業所などがある運送業者を対象にする。運送業者は三井住友海上の運送保険に加入し、食品ロス削減に関する特約をつける。運送中の事故で箱などが破損した食品をフードバンクかながわに寄贈する際、保管費や運送費が保険でまかなわれる。

相模原市は国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた取り組みの一環として、運送業者に参加を呼びかける考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン