/

北陸銀行と富山銀行、ATM相互無料提携

北陸銀行と富山銀行は8日、ATMの相互無料提携を5月16日から開始すると発表した。互いのATMでの引き出しや振り込み、預け入れの他行利用手数料(110円)が不要となる。北陸の地銀各行は管理コスト圧縮のためATMを削減しており、両行も提携によりATMの配置見直しを加速させるとみられる。

北陸銀のATM527台と富山銀の52台が対象で、平日の午前8時45分~午後6時まで相互の利用手数料がゼロになる。その他の時間帯も手数料を従来の220円から半額の110円とする。両行のATMは現在、相互に預け入れできないが、終日無料で利用可能になる。

富山銀はゆうちょ銀行セブン銀行と提携し、提携先2行のATMは入出金の手数料を無料としている。北陸銀は同じほくほくフィナンシャルグループ傘下の北海道銀行のほか、大垣共立銀行や横浜銀行などとATMを相互に無料開放している。

北陸では北国銀行を傘下にもつ北国フィナンシャルホールディングス(FHD)が2024年9月をめどに店舗外ATMを全廃する方針を発表。富山第一銀行は通帳レス口座などの利用者を対象に、セブン銀行ATMでの入出金の手数料を終日無料化し、店舗外ATMの削減を始めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン