/

この記事は会員限定です

四国電力、AIで火力発電所設備の異常監視

[有料会員限定]

四国電力は人工知能(AI)で熱画像を解析して、設備異常を常時監視できるシステムを火力発電所に試験導入する。これまで人による巡視点検を行ってきたが、より迅速に異常を検知できるようにする。四国電力は中期経営計画にデジタルトランスフォーメーション(DX)の活用を掲げており、業務の自動化などを推進する戦略の一環となる。

坂出発電所(香川県坂出市)の1号機と3号機の計2カ所に導入する。導入期間は7月から2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン