/

都心に木造高層ビル 新素材で「聖地」めざす岡山・真庭

LBS ローカルビジネスサテライト

「高層ビルや大型建築に木材は使えない」という「常識」は今は昔。木材を縦横に積み重ねたCLT(直交集成板)が技術革新を支える。軽くて強度もあり、耐震性も高い性能がSDGs(持続可能な開発目標)志向の中で注目され、コンクリートや鉄骨と肩を並べ使われるケースが増えてきた。発信拠点は岡山県北部の木材のまち真庭市。生産を推進する国内シェアトップの銘建工業を中心に、周辺の森林、林業の活性化にも光が差し込んできた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン