/

子ども食堂併設の生鮮品販売店 高知の山本商店が開業

「天然色市場」の完成予想図

高知県内で100円均一ショップを29店舗展開する山本商店(高知県香南市)は8月7日、香南市内に子ども食堂を併設した生鮮品の販売店「天然色市場」を開く。新業態店は100円ショップではなく、有機野菜のほか地元の漁港で取れた魚介類を取り扱う。これらの食材を子ども食堂での料理に使う。

店舗は平屋建てで敷地面積3200平方メートル、店舗面積300平方メートル。生鮮品の販売と子ども食堂運営のほか、飲食店とコーヒースタンドも入居する。営業時間は午前9時から午後4時までで、正月のみ休業する。

子ども食堂は月1回開く。子どもに限らず食事を振る舞う。地域の生産者から食材を無償提供してもらい、集まった子どもらに地産地消を教える。新型コロナウイルスの影響で店舗内に大勢の子どもに来てもらうのは難しいため、当面は弁当の持ち帰りで対応する。弁当代は高校生までは無料で大人は300円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン