/

e-Janネット、新拠点で高知工科大と「メタバース」研究

システム開発のe-Janネットワークス(東京・千代田)は8日、高知市内に新たな研究開発拠点を同日付で開設し、人々が自由に交流できる仮想空間の新技術「メタバース」を高知工科大学(高知県香美市)と研究すると発表した。同社の持つサイバーセキュリティー技術と同大の仮想現実(VR)の研究成果を融合する。

e-Janネットは2018年、安全なテレワークサービスを開発する「高知テクニカルセンター」を高知市内のテナントビルに開いた。センターはビルの6、9階に入居しているが、1階の元阿波銀行高知支店のフロアを賃借し「e-Janラボ in Kochi」(床面積396平方メートル)という研究拠点を設けた。同時に高知工科大と産学連携した。

e-Janネットの社員と工科大の教授・学生は今後、QRコードでe-Janラボに入室。コワーキングスペースでメタバースのあり方を議論する。メタバースは米フェイスブックの新社名「メタ」にも使われた新技術で、世界的なIT(情報技術)会社が開発を競っている。

ラボ内部には阿波銀の金庫室が残っており、そこをVRルームとして様々なデジタル映像を投映しメタバースを研究する。e-Janネットはサイバーセキュリティーのプラットフォーム、工科大は遠隔コミュニケーションの研究成果などを提供する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン