/

KADOKAWAのラノベ図書館刷新 他出版社作品も収蔵

リニューアルしたKADOKAWAの「マンガ・ラノベ図書館」(7月8日、埼玉県所沢市)

出版大手のKADOKAWAは8日、同社などが運営する文化複合施設「ところざわサクラタウン」(埼玉県所沢市)にあるマンガ・ライトノベル専門の「マンガ・ラノベ図書館」をリニューアルし、一般公開を始めた。同館が収蔵するラノベ作品は同社のものに限られていたが、他の出版社の作品も収蔵し、アーカイブ機能を高める。蔵書数は従来の約2万6千冊から3万5千冊に増えた。

マンガ・ラノベ図書館はサクラタウン内の「角川武蔵野ミュージアム」にあり、日本のお家芸であるサブカルチャーの情報発信拠点として2020年8月に開業した。開業当初から他の出版社作品の収蔵を計画していたといい、今回のリニューアルにあたり、講談社や集英社、ポニーキャニオンなど出版社17社からラノベ作品の寄贈を受けた。今後は各社の新刊も継続的に収集する。

図書館内には新たにプロジェクターを設置してイベントスペースとして利用することも想定。併設するラノベの販売コーナーでは21年秋以降、今回協力した出版社のラノベ作品の新刊も販売する予定。

KADOKAWAの角川歴彦会長は「日本で唯一無二のラノベ図書館として、日本文化の新しい顔になる。新型コロナウイルス感染拡大が収まれば、外国人観光客も期待できる」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン