/

青森・横浜町で鳥インフル疑い 17万羽飼育の養鶏場

青森県は8日、横浜町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの疑いのある事例が確認されたと発表した。7日夜に養鶏場からむつ家畜保健衛生所に死亡鶏が増加していると連絡があった。県が8日、PCR検査をしたところ陽性が確認され、危機対策本部を設置して防疫対策に乗り出した。

同養鶏場では約17万羽を飼育している。遺伝子検査を通じ国が判定すれば殺処分となる。県は8日から当該農場の飼養鶏の隔離など対策を進めていく。同県では2021年12月に三戸町で鳥インフルエンザが発生している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン