/

埼玉県、まん延防止措置の延長要請へ 

埼玉県は8日、13日に期限を迎える新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置を延長するよう政府に要請する方針を決めた。延長期間は3週間程度を想定している。県内では5日に新規感染者数が過去最多の7358人を記録するなど、新変異型「オミクロン型」の感染拡大が止まらないことから、延長はやむを得ないと判断した。

大野元裕知事は8日開いた新型コロナに関する専門家会議の冒頭、「感染スピードは鈍化しつつあるが、ピークが見えない。軽症が多いものの、既往症を持つ人が入院するケースが多い」として、対策を継続する必要性を強調した。

埼玉県など全国13都県は1月21日からまん延防止措置を適用。飲食店の営業時間短縮や酒類提供の制限などの対策を講じてきたが、この間も急速な拡大に歯止めがかかっていない。

現在の感染経路は家庭内や医療機関、高齢者施設、学校、保育施設など多岐にわたるため「飲食店中心の対策が効果を上げていない」との声も強いが、特措法に基づく制限措置としては他に講じる手が少ないのが現状だ。

県によると、確保病床2176床に占める病床使用率は7日時点で56.0%、重症病床使用率は19.0%と、感染者の急増に伴い医療体制は徐々に厳しくなっている。ただ、さらなる行動制限を求める緊急事態宣言の発令について、埼玉を含む首都圏の知事は慎重姿勢を崩していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン