/

この記事は会員限定です

二輪市場、シェア獲得レース インドなど世界で火花

バイク人気再燃 日の丸メーカー競う㊦

[有料会員限定]

世界のバイク市場はホンダヤマハ発動機スズキ川崎重工業の4社でシェアの5割近くを占め、「日の丸メーカー」が性能やデザイン、価格で欧米勢を圧倒してきた。だが、世界最大の二輪市場となったインドで地場メーカーが低価格を武器に躍進するなど、業界勢力図も変わりつつある。

世界最大のバイクメーカーはホンダで、世界シェア33%を握る。ヤマハ発は3位でシェアは9%。日本勢ではこのほか、スズキや川崎重工業が上位に入る。

バイクメーカーにとっての主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン