/

この記事は会員限定です

房総半島台風3年 短期の復旧・復興事業は22年度で終了

[有料会員限定]

千葉県内に甚大な被害をもたらした2019年の台風15号(房総半島台風)上陸から9日で3年となる。県によると、災害救助法の対象外の住宅修繕に対する「被災住宅修繕緊急支援事業補助金」が8月末で完了するなど、県の短期的な復旧・復興策は縮小に向かっているが、新型コロナウイルスの影響もあり観光復興などはなお課題だ。

県が9月に入り公表した復旧・復興への取り組みの進捗状況によると、家屋の被災者に支援金を支給...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません