/

介護現場で津軽弁をAI翻訳 外国人材を支援

支局記者が語る地域再生

今回も青森支局の伊藤敏克支局長が青森県の様々な動きをリポートします。まずは、雪で発電する「積雪発電」の実証実験が始まったことを紹介します。雪国では降雪で交通網が打撃を受け、年間に数十億円をかけて除雪作業を行うなど、暮らしへの負担も大きいです。ネガティブなものを有効活用できるとあって地元では期待が高まっています。そのほか、介護現場で働く外国人材向けに津軽弁をAI(人工知能)翻訳する取り組みもリポートします。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「支局記者が語る地域再生」は、日本経済新聞の支局、支社記者が独自の取材に基づき、地域再生の「芽」を解説するラジオNIKKEIの番組です。放送は毎週火曜正午から30分間。地域のヘッドラインニュースも発信しています。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません