/

この記事は会員限定です

ワクチン接種会場、縮小相次ぐ 若者来場へ自治体工夫

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場を閉鎖するなど体制を縮小する動きが広がっている。2回接種を終えた人が総人口の66%を超え、新たに接種を希望する人が少なくなっているためだ。接種回数の積み上げを急ぐ段階から、若年層や2回接種を終えていない人など、接種率を引き上げる工夫が問われる局面に変わってきている。

東京・大手町で自衛隊が運営するワクチンの大規模接種センター。5月以降1日1万人を接種できる体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン