/

この記事は会員限定です

休眠状態の地方空港、チャーター便で活性化

日経グローカル

[有料会員限定]

定期路線が休廃止された空港を自治体の旗振りで再生させようという試みが広まっている。コミューター航空会社と組んでチャーター便を運航したりヘリコプターの活用を検討したりして活性化策を模索する。定期路線を維持している空港も、景気低迷や人口減に加え、新型コロナウイルスのパンデミックにより人の移動が減っており傍観はできない。(「日経グローカル」439号に詳報

新潟県内外の企業や個人などが出資した新設コミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン