/

この記事は会員限定です

ギョーザの無人店、首都圏で広がる コロナ下で加速

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

首都圏で無人のギョーザ販売店が増えている。新型コロナウイルスの感染拡大で「非接触」需要が追い風になっているほか、長く続いた飲食店への営業自粛要請を受け、中華料理店やギョーザの業務用販売業者が収益下支えの代替策として展開している側面もある。少しずつ感染状況が改善し、首都圏でアルバイトらの人手不足の深刻化も見込まれる中、人件費のかからない無人店の出店は加速しそうだ。

ギョーザ無人販売店のブームの火付け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1488文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン